あ〜といいながら、

このところ、Zの歌のお話が続き、久方ぶりにYouTube

もう一度キスしたかったを聴いて、

あう〜!とバタバタしている。

この人達の歌はもちろん自主規制してきた若い時。

世の人となっても聴くことはなくて、ある日、友人の家に遊びに行くと、

テーブルにメモ。

もう一度キスしたかった

という走り書き。

友人がトイレに行ってるうちに見つけ、

(別れたんだ。でも、言えないのね。いいよ、聞かないよ!)

なんか大変な秘密を握ってしまったようで、ずっとギクシャクと

腹を探るような重く長い時間が流れた。

歌の題名と分かって、ものすごくホッとしたよ。

んな訳で、今日はこの歌のイメージを描いてみた。

私は、絵を描くときは同化しちゃうから、生しい恋は描けないの。

恥ずかしくて、ぎゃー!という雄叫びをあげてしまう。

いいおばさんがね。でも、若い頃は情熱に浮かされて、感じなかった

ものが、歳を重ねると染み込んでくるのね。

(トシとった今が1番純情というか、遅い)

もう一度キスしたかった。〜何もなかった二人だけど〜

女の子に色気出すぎた

まぁ、世界は広いからこんな事もあるさ!

今日もみんなお元気でね!

千より、