柴犬げんた:水遊び

 最後にげんた君をシャンプーしてから3週間経った。カイカイも出てきたし、少し匂ってきている。

 で、シャンプーする前に汚しちゃえ!という事で、近所の1級河川へ水遊びへ行ってきた。本来なら、きれいな渓流へ・・・・・

となる所ですが、先月150時間残業、夏期休暇も無くなり、今月もすでに90時間残業を越えている。さすがに体が動かない。。

 で、近場の1級河川に行ってきた。堤防から堤防の距離が300m越える程度の河川で、河川敷にはグランドや駐車場も整備されており、週末にはよく散歩に来るところである。

今回は、水辺に降りちゃえという企画です。

7月の初めに発生した、熱帯低気圧による平成30年7月豪雨で河川の高水敷に整備されたグランドや駐車場は被害を受けている。そのときの雨以降、ほとんど雨が降っておらず、高水敷にうすく積もった土砂が流れることなく残っており、少しの風で砂埃が舞う状態である。そのような環境でも、BBQを行う若者の行動力には若干の感動を覚える。

 いつもは、河川敷を2キロほど歩くのだが、今回は、水辺に降りてみた。

河川敷と水辺の境界には2mを超す草が大繁茂しており、人の侵入を拒んでいる。なので、河原に人の姿はほとんどない。わずかな草の切れ目を見つけ河原に降りる。

河原は粒径5cm〜30cmの玉石がゴロゴロしており、非常に歩きにくい。

普段と違うコースにげんた君は大興奮だ。足場の悪い河原を伸びるリードで走り回っている。

 降りた場所が湾曲部の水裏で川幅も広くなっていることから、流れも緩やかで水際での水深は非常に浅い。水際から5mほど入っても水深は20cm程度である。

 げんた君を引っ張り水に入る。

げんた君はそれほど水が好きではないようだ。自分から入る事は少ない。

おなかが水に付くかどうかの所を歩く。ちょと怖いのか恐る恐る歩いている。

尾っぽは下がっていないので、究極に怖いとは思っていないようである。

かなり渇水が続いているので、水際の石には藻が張り付き、水もそれほどきれいではない。1級河川では、水質が上位となるそうめんの名前にもなっている川であるが、さすがに下流域ではこんなものなんだろう。

 よく見ると、げんた君の足の周りに魚の稚魚が数百匹たむろしている。(写真ではわかりにくい)

 一旦陸に上がり、ぷらぷら歩く。。

落ちていたビニールの小さいボールを川の中に放り込んでみると、拾いに行こうと、水に入るげんた君。。その後、「あっ、俺、水に入っちゃった!」といわんばかりに慌てて自ら上がる。。。

そんな事を繰り返しながら、ぷらぷら。。。

少し慣れたのか、自分から水に入ってきたが、そこは深かった。。。。。

ぼちぼち帰ろうと、河川敷を目指す。境界部の草地で、げんた君が勢いよく走り込んでところ、地面が窪んでおり、勢いよく転倒。。。

「キャウン!と大きな悲鳴を上げる」その後も「アウ〜ン、アウ〜ン」と泣き続ける。

慌てて、駆け寄ると、大丈夫だったようで、その後は何もなかったかのように歩き始めた。さすがにちょっと焦りました。

疲れたのか、帰りの車の中ではうつらうつらしてました。

帰宅し、すぐにシャンプーしました。

げんた君の入浴シーンです。

体をゴシゴシされるのが気持ちいいようです。

シャンプーの後は、大興奮で家中を走り回るのが通例となりました。

怪我がなくてよかったです。

肉団子弁当

8月20日(月)

肉団子

フライドポテト

にんじんしりしり

ブロッコリー

かぼちゃの煮物

ご飯、ごま、しそ

おはようございます。

今朝は、涼しくて気持ちいいですね。

今週は完全にお盆休みが終わって通常営業にしないといけないんだけど、昨日、飲みすぎたみたいで気持ち悪くて頭がいたいです。

二日酔いで頭痛薬飲んじゃいけないって言うけど、薬飲んで気合い入れて頑張ろうと

じゃーね。

いってらっしゃい

180819

午前中、初レッスンの生徒さん来る。

一般Bandで活動しているということなので、そこそこ吹けるのだろうと予測し、それでも基礎練習とラクールから始めることに。

後半でちょっと見たBandでやってる曲の何分のイチかの難易度、白玉ばかりの曲がやっぱり吹けない。Bandでやってる16分音符だらけの曲はそこそこ吹けるのに。。。日本の音楽教育の歪みを感じる。

午後は一人で練習。キャンフィールドIV楽章、朝ドラ。もちろん最近凝ってる基礎練習たっぷり。リードの調子が良くて軽く吹いてもプーンと重さのある音になってくれる。ただ、指のセッティングが悪く、特にオクターブキーと左パームキーの高さが合ってなくてすぐに疲れてしまう。早く宝くじを当ててオーバーホールしなければ。

明日も個人合宿練習。